2006年08月15日

アオリイカについて

アオリイカについて、その生態や詳しいことよりも、アオリイカを釣るにあたって知っておきたい情報は次の通りです。

  1. 春から初夏にかけての3月〜6月頃産卵時期を向かえ、型も大きなものでは3kgを超える。この頃が一番のシーズンですが、型が大きな分、引きも強く、アタリの数に対し、3割ゲット出来れば上出来。

  2. 秋には、200gから1kgに成長し、この頃は数釣りが楽しめる。また、このサイズのイカは少しでも他のイカよりも大きくなろうとする為か、エサに対して貪欲で、一度バラしても、ヤエンに触れて傷を負っていなければ何度でもエサに食いついてくることが多い為、初心者には絶好の季節である。

  3. 釣れる時間帯は、朝マズメ・夕マズメがベストだが日中でも曇りの日は良く釣れることがある。また月夜まわりの半夜釣りは、長くアタリが続くことがある。

  4. 満潮、干潮から少しズレた時間帯が良いことが多い。

道具について

人によって道具の選択は様々ですが、ここには必要なものの一覧を記載します。状況に応じて選択することが必要で、全て無ければ釣りが出来ないというものではありません。


●竿
1.5号から3号くらいで、4mから5.5mくらいの磯竿
ガイド付きで良いが、糸がらみの少ないインターラインの竿の方が扱いやすい
場所によっては、竿を二本出せることもあり、予備としての意味も含めて、絶えず二本は用意しておく

●リール
小型や中型のスピニングリールで道糸(2〜4号)が150m程度まけるもの
2000〜3000番くらい
クラッチの付いたアオリイカ専用リールも扱い易い

●道糸
2号から4号くらいで、色によって距離がわかるものが使い易い

●針
針を使う場合はチヌ針の3号から5号くらい

●ピトン
中・長ピトンで軽い方が便利

●竿受け
イカ釣り専用のものもあるが、普通の上物用で良い

●バケツ
活けアジをエサにする時は、アジを生かしておくバケツと、空気を送るブクブクセットが必要である。また、水汲みバケツも必要

●タモ網
普通の磯釣り用タモ網で、枠が36cm以上、長さ4.5m以上。ギャフで取り込む方法もある

●ヤエン
根がかりなどで失うことがあるので2本以上必要

●ライト
夜釣りの際は、ヘッドライトやランプ必要(予備のヘッドライトを用意する方が安全)

●ライフベスト
小物類を入れるポケットがたくさん付いているものが最適で安全。

●その他
磯ブーツ、クーラー、スカリ、ハサミ、タオル、夜釣り用ケミホタル、クサビ鉛、イカを絞める棒、アタリを知らせる鈴、長時間の釣行の場合は、予備の電池等

エサについて

小魚を食べるイカですから、海にいる小魚なら何でも良いでしょう。比較的手に入りやすいアジは最もポピュラーです。他にコッパグレ、イナ、イサギなどでも充分釣ることが出来る。
どの小魚も、12cmから大きなもので20cmまでのものが扱いやすい

 
●死にアジ(生アジ)
スーパーなどで売っているもの。
また、堤防などの釣り場で釣ったもの。

●冷凍アジ
釣りエサ屋さんで売っているもの。
もしくは、生のアジに両面に塩を塗り冷凍させたもの。
自分で作るポイントは、アジにむらなく塩を塗り、アジが曲がらないように冷凍すること。

●活けアジ(活きアジ)
釣りエサ屋さんで売っているもの。
または、堤防などの現場で釣ったもの。

場所

時期によって異なりますが、比較的浅い磯でも充分狙うことができます。
場所を選ぶポイントは以下の通りです。

●波止場
波止場周辺は、小魚が多く集まることが多く、最も手軽に狙えるポイントです。また波止場周辺に、産卵に適した藻場やシモリの多い磯があれば尚最適。その波止場で釣れているか否かは、墨跡があるかどうかで容易に判断にすることが可能。

●磯
上物釣りが出来るポイントも、エサ盗りの小魚が多くいるの で絶好のポイント。渡船で渡る沖磯は、船頭さんに尋ねるのがやはり一番。
地磯では、シモリがある磯が狙い目で、秋なら比較浅い所でも釣ることができる。春は産卵の時期ですから、藻場周辺の地磯が狙い目。またその周辺の浜辺からも可能。

釣り場での注意

・まず、車の駐車マナーには充分気を付けましょう。トラブルになれば釣りどころではなくなります。釣り人の車を狙った車上荒らしにも注意が必要です。

・またアオリイカ釣りは、カゴ釣りと同じく広範囲の釣りとなりますので、他の釣りの人の邪魔にならないように心掛けることが大切です。同じアオリイカ釣りの人同士でもエサが絡んだりしないよう注意が必要です。後からその場所に来た人が、先に来ている人に一声掛けることがマナーです。その一声で上級者から良きアドバイスをもらえたり、それがきっかけに釣り友達になれることもあります。

・満潮と干潮の時間を把握しておくのも重要なポイントです。場所によっては、釣りに夢中になって潮が満ちてきて危険を伴うこともあります。

・夕方から半夜にかけての釣りは、気温の変化も大きいので、防寒にも注意が必要です。

アタリ

イカのアタリは、エサを触手で抱え込んだイカが安全な場所へと走り出し、糸が出ていくことでわかります。リールのスプールをフリーにして道糸で鈴が鳴るようにセットしたり、道糸を空き缶にかけておくのも良い。リールのドラグを緩めて「ジィー、ジィー」と音でわかるようにすると夜間でも有効です。また、リールを反転できるようにしておいても良いでしょう。
ですから、糸ふけがないよう時々チェックしておくことがポイントです。
また、必ずしも沖向きにイカが走り出すとは限らず、逆に急に糸が緩んだ時もあたりであることがあります。

秋の時期など小さなイカの場合は、ハッキリとアタリが出ないこともありますので、時々イカがエサに食いついていないか確認することも大切です。
アタリがあった時は、慌てずにイカが走るのを止まるまで待つか、竿を立て、スプールをフリーにして糸を出し、走るの止めさせるかです。

取り込み

ヤエンに掛けてもまだ安心は出来ません。
イカは身切れする程最後の抵抗を見せることがよくあります。
また、岩や藻にしがみ付くようにしてヤエンが外れることがありますので、イカをなるべく浮かせた状態で取り込むようにすることが肝心です。

ギャフで掛けるか、タモですくうかは釣り人の好みですが、ギャフの場合はイカの身に傷が付きますし、タモの場合はヤエンがタモに絡むことが多々あります。
ギャフで掛ける時は、足の反対側の身の先側を掛けます。そうするとイカの頭が沖向きとなり、墨を吐いても釣人にかかることはありません。

タモですくう場合は、タモでイカを追いかけるのではなく、タモにイカを引き入れるようにするか、イカの後ろ側からすくうようにすると良いでしょう。タモ入れに成功したら、充分に墨を吐かせてから引き上げましょう。

この取り込みの失敗が、また次の釣りへの意欲になるほど失敗はつきものです。慣れるまで、他の人に取り込んでもらうのも良いでしょう。