2006年09月22日

コロダイのフカセ釣り

コロダイ
コロダイはイサキ科の魚で最近は夜釣りの大物ターゲットとして認知されつつあります。
釣りのシーズンは6月〜11月ごろで大きな物になると80cmくらいのもいるらしいがだいたい40〜60cmのものが多い。

ポイント
周囲に磯場の広がる海底が砂地の波止や磯で、外洋に面した潮が流れる岬の先端より、多少奥まった場所の方が良いでしょう。

エサ
オキアミ、海産エビ、カニ、イカの切り身など

釣り方
投げ釣り(ぶっこみ)、ズボ釣りもあるがここではイサギを狙っていて仕掛けが飛ばされた時などを想定してウキ・フカセ釣りを紹介します。といっても普通のフカセ釣りとなんら変わりないのですが仕掛けがゴツいというだけです。

コロダイのウキフカセ釣り
コロダイのウキフカセ釣り

コロダイのタナはほぼ底のほうになるので根がかりしない程度に仕掛けを投入します。後はマキエを切らさないように少量ずつまいていくとよいでしょう。
posted by 釣太郎 at 17:13| 釣りの仕掛け−磯編

2006年09月15日

イガミのウキ釣り

イガミ(ブダイ・舞鯛)

イガミは季節によって食するものが違う。春から秋にかけてはエビやカニなどを中心に食べ、冬はハバノリやホンダワラなどの海藻類の新芽や葉などを主食とする。

生息場所は岩礁地帯でほどよく潮が流れるところで、主に昼間に活動する。

釣りのシーズンは大体11月ごろから2月ごろまで。

ポイント
海底の起伏が激しく海藻類の多いところや潮の流れのあるところ。波のない晴れの日が狙い目。

イガミは大きな沈み根や磯際に沿って回遊するので潮の流れを読んで磯際に寄せエサをまきながら釣る。

イガミはエサを一口では食べないで下の方から少しずつかじるようにして食べるのでアタリはとても微妙な感じ。

イガミ

エサ、ホンダワラ(冬場)、スガニ(夏場)などのほか、ほうれん草やダイコンの葉をゆでたものでも良く釣れる。またオキアミのコマセにも敏感な反応を示し、エビ餌にも積極的に食ってくる。

釣り方
イガミは底近くがタナなのでサシエサが底から1m以内を自然に漂うようにすると良い。

竿  :磯竿(3〜4号など)
リール:中型スピニングリール
道糸 :3〜4号
ハリス:3〜4号を1〜1.5m
ハリ :グレバリ7〜9号、ブダイ針
その他:ウキ止め、シモリ玉、大型ロングウキ、ゴム管、中通しオモリ、サルカンなど。

イガミ(ブダイ)のウキ釣りテンビン仕掛け
イガミ(ブダイ)のウキ釣りテンビン仕掛け

イガミ(ブダイ)のウキ釣り仕掛け
イガミ(ブダイ)のウキ釣り
posted by 釣太郎 at 15:22| 釣りの仕掛け−磯編

2006年08月11日

磯釣り仕掛け

フカセ釣り仕掛け
フカセ釣り仕掛け

カゴ釣り仕掛け
カゴ釣り仕掛け
posted by 釣太郎 at 13:22| 釣りの仕掛け−磯編